株式会社三研テクノクリエイト
TEL:0852-27-5676
FAX:0852-27-5694

  • 三研テクノクリエイトトップへ
  • スルーサーA製品案内
  • スルーサーB製品案内
  • スルーサーP製品案内
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針
  • 会社案内
  • TOP
  • スルーサーP製品案内
  • よくある質問

スルーサーPよくある質問

  1. スルーサーPの設置に関して
  2. 鉄筋の設置に関して
  3. その他

スルーサーPの設置に関して

Q1-1 スルーサーPの設置方法は?
A1-1 補強鉄筋とスルーサーP・ベースプレートが当たるのを避けるため、コンクリート面を2cm程度削って設置して下さい(詳細はこちら)。
Q1-2 スルーサーPを橋脚曲線部に設置する方法は?
A1-2 補強鉄筋とスルーサーP・ベースプレートが当たらないように、コンクリート面を削って設置して下さい(詳細はこちら)。
Q1-3 スルーサーPをテーパー状の橋脚に設置する方法は?
A1-3 基本的に切梁を水平に設置して下さい。そのため、橋脚面を鉛直に削って下さい(詳細はこちら)。
Q1-4 スルーサーPの設置の前にパテ用エポキシ系樹脂材を塗布するのはなぜですか?
A1-4 スルーサーPと既設橋脚との接着効果が得られること、不陸を整正されることによって、スルーサーPからの圧力が均等に伝えられるためです(詳細はこちら)。
Q1-5 アンカーボルトの埋込み方法は指定されていますか?
A1-5 当社では、直径16mm、削孔長60mmの打込み式金属拡張型アンカーボルトを推奨していますが、所定の強度が確保できれば、ケミカルアンカーなどでも構いません。なお、アンカーボルトはスルーサーPの付属品に含まれませんので、施工会社側で準備をお願いします(詳細はこちら)。
Q1-6 アンカー孔の削孔により、既設橋脚の鉄筋を切断することはありませんか?
A1-6 アンカーボルトの埋め込み長60mmに対して標準的な鉄筋かぶりは100mm確保されているため、橋脚の鉄筋が切断されることはありません。
Q1-7 スルーサーPは切梁を設置する前に単独で橋脚に設置するのですか?それとも、切梁とスルーサーPを連結してから設置するのですか?
A1-7 どちらの方法でも構いません。ただし、切梁の架設に際しては腹起し側から連結して下さい(詳細はこちら)。

鉄筋の設置に関して

Q2-1 鉄筋とスルーサーP(丸鋼)が当たる場合はどうすれば良いですか?
A2-1 許容範囲内で鉄筋の位置を移動して下さい。
Q2-2 横拘束鉄筋(帯鉄筋)が長い(またはフックがある)ため、スルーサーPの空間に鉄筋が通せない場合はどうすれば良いですか?
A2-2 物理的に不可能な場合は、鉄筋の継手位置を変更して下さい。ただし、上下に隣接する継手位置との間隔は基準1m以上として下さい。
また、フックがあるためスルーサーPの空間に通せない場合は、継手方法をフレアー溶接継手または機械継手に変更して下さい(この場合は事前に発注者の承認を受けて下さい)。

その他

Q3-1 スルーサーPを注文してから、納期までどのくらいの期間が必要ですか?
A3-1 数量と時期にもよりますが受注生産のためご注文後、製造期間を1ヶ月程度頂きます。
Q3-2 切梁寸法H-400以上に対応したスルーサーPはありますか?
A3-2 公表していませんが、切梁寸法H-400に対応可能です。弊社までご相談ください。
Q3-3 スルーサーP搬入時の準備は?
A3-3 スルーサーP本体はウイング車または箱車(混載便)により、指定された工場又は工事現場に搬入されますので、荷降ろしの際にはクレーンまたはユニック等の準備をお願いします。混載便では荷降ろしが困難な場合は、平車またはユニック車を手配します。その場合は別途運賃が加算されます。
Q3-4 提出される書類は何がありますか?
A3-4 当社から提出する書類として、工事前に提出する「材料御承認申請図」と工事後に提出する「検査証明書」が各3部あります。
Q3-5 スルーサーP自体の設計を行う必要はありますか?
A3-5 設計を行う必要はありません。弊社で行った載荷試験において得られた耐力がありますので、作用軸力はそれ以下に設定してください(詳細はこちら)。
Q3-6 スルーサーPの設置工に関する積算基準はありますか?
A3-6 独自の積算基準及び歩掛はありませんので既存の標準歩掛で積算して下さい。スルーサーPの設置費用は切梁の設置歩掛を使用して下さい。

スルーサーP製品案内

  • スルーサーPについて
  • 施工手順
  • 性能
  • 製造期間について
  • 実績
  • よくある質問
  • お求め先一覧
  • カタログダウンロード