株式会社三研テクノクリエイト
TEL:0852-27-5676
FAX:0852-27-5694

  • 三研テクノクリエイトトップへ
  • スルーサーA製品案内
  • スルーサーB製品案内
  • スルーサーP製品案内
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針
  • 会社案内
  • TOP
  • スルーサーP製品案内
  • 施工手順

スルーサーP施工フロー

設置位置の下地処理→アンカーの埋め込み→スルーサーPの設置→山留め材の設置→コンクリート下地処理→鉄筋の組立→箱抜き用型枠の設置→PCM巻立て→仕上げ養生→箱抜き用型枠の撤去→スルーサーPの切断→表面仕上げ

スルーサーP施工要領

設置位置の下地処理

スルーサーPを設置する前に、既設橋脚を深さ20mm程度、スルーサーP・ベースプレートの範囲で削ってください。その理由は、補強鉄筋とベースプレートが当たらないようにするためです。

設置位置の下地処理

アンカーの埋め込み

孔あけ位置のマ−キング

スルーサーP設置位置の墨出しを行った後、マーキング専用のテンプレートを使用して、スプレー式ペンキにより、孔あけ位置のマーキングを行ってください。

孔あけ

孔あけはハンドドリルによりスルーサーP設置面に対して直角または水平に行い、孔あけ後は孔内のほこりを確実に除去します。

エポキシ樹脂塗布

スルーサーP本体を設置する前に、既設橋脚との接着効果の他、コンクリート面の不陸整生やスルーサーPからの圧力を接地面に対して均等に伝えるため、パテ用エポキシ系接着剤を塗布します。

エポキシ樹脂参考資料

アンカーの埋め込み

打ち込み式金属拡張アンカーを確実に埋め込んでください。
なお、アンカー径は切梁サイズH200〜H350用はM16を使用して頂き、
切梁サイズH400用はM20を使用してください。

打ち込み式金属拡張アンカー参考資料

打ち込み式金属拡張アンカー以外のケミカルアンカーなどで設置する場合は、それらのアンカー孔に応じた仕様の製品を作成いたしますのでご相談ください。

スルーサーP本体の設置

設置方法

スルーサーP本体を既設橋脚に設置する方法として、スルーサーP単独先行して設置する方法および切梁と連結一体にした後に設置する方法がありますが、どちらの方法にしても切梁の架設は、腹起し側から仮締めし、キリンジャッキの長さ調整により、スルーサーP側(既設橋脚側)に押し当て、連結(設置)を行ってください。

スルーサーP設置

スルーサーP設置方法
単独先行方法 連結一体方法

曲線部の設置

既設橋脚の断面形状が円形または小判形で、スルーサーP本体を曲線部に設置する場合は、既設橋脚接合面の整形が必要となります。

接合面の整形は、スルーサーP・ベースプレートと補強鉄筋が当らない範囲を削ってください。

接合面の整形平面図

テーパー部の設置

既設橋脚にテーパー(鉛直方向の傾斜)がある場合でも、スルーサーP本体は水平に取り付けてください。このため、テーパー部はディスクサンダー等で切削し、壁面が垂直となるようにしてください。

テーパー部の設置側面図

山留め材の設置

コンクリート下地処理

コンクリート下地処理後には、スルーサーPに付着した粉塵をウォータージェット等で洗浄しておいてください。

鉄筋の組立

軸方向鉄筋がスルーサーP丸棒に干渉するようでしたら、基準の許容値範囲内で鉄筋位置を移動してください。

鉄筋の組立

ポリマーセメントモルタル巻立て

スルーサーPの周囲をあらかじめ箱抜きした後、ポリマーセメントモルタル巻立てを行ってください。

山留め材の撤去

山留め材設置・撤去基準に準じてください。

スルーサーP丸棒を切断して表面仕上げを行ってください。切断時に鉄筋を切らないよう注意してください。

スルーサーPの切断

表面仕上げ

スルーサーP製品案内

  • スルーサーPについて
  • 施工手順
  • 性能
  • 製造期間について
  • 実績
  • よくある質問
  • お求め先一覧
  • カタログダウンロード