株式会社三研テクノクリエイト
TEL:0852-27-5676
FAX:0852-27-5694

NETIS登録番号CG-080008-VR
  • 三研テクノクリエイトトップへ
  • スルーサーA製品案内
  • スルーサーB製品案内
  • スルーサーP製品案内
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針
  • 会社案内
  • TOP
  • スルーサーB製品案内
  • 設計手順

スルーサーB設計フロー

※スルーサーBの適用可否について当社で検討を行います。その際は、配筋図、仮設工図面および切梁の設計計算書を確認させて頂いております。

従来の仮設設計→スルーサーBの照査→許容耐力曲線よりNaの算出

解析仮定

  • H形鋼梁部材の初期不整として、断面内の残留応力(0.5σy)および強軸、弱軸両方向の初期曲がり(スパン中央において、f0=L/1000 )を考慮する。
  • 埋設型切梁とH形鋼梁部材の連結部は、解析上考慮しない。
  • H形鋼梁部材はボルト孔を考慮する。
  • 材料の応力−ひずみ曲線には、JIS規格の値を用いる。

設計条件

  • 切梁の上載荷重は、w=5kN/mとする。
  • 許容耐力Naは、座屈荷重Ncを安全率n=1.7で除し、さらに、仮設時割増係数α=1.50を乗じた値とする。

スルーサーB許容耐力曲線

新設構造物用

許容耐力曲線グラフ(新設構造物用)

※クリックすると拡大図が開きます

  • 設計スパンは、従来の仮設工設計における切梁の鉛直方向座屈長及び水平方向座屈長のいずれか大きい値を適用する。
  • 解析モデルは、空洞金具2個タイプを使用したものである。
  • 火打ち梁がある場合の許容耐力曲線は、鉛直方向座屈長を2〜4m減じた水平方向座屈長で解析したものである。
  • 許容耐力曲線は実際の現場条件(空洞金具個数・位置)を考慮して作成されていない。
  • 「列車荷重を直接支持する場合等」の仮設構造物に対して仮設時割増係数α=1.25を採用する場合、許容耐力曲線より得られた許容耐力Naに1.20を除した値とする。

詳細照査

詳細照査については、下記「埋設型切梁の安定照査について」および「埋設型切梁解析検討例」をご覧下さい。

埋設型切梁の安定照査について 埋設型切梁解析検討例

なお、具体的な案件で詳細照査が必要な場合は、当社にて検討を行います(無料)。

※Adobe Readerが無い方はこちらよりダウンロードしてください。→Adobe Readerのダウンロード

スルーサーA製品案内

  • スルーサーBについて
  • 従来工法との比較
  • 施工手順
  • 設計手順
  • 製造期間について
  • 施工例及び実績
  • よくある質問
  • お求め先一覧
  • カタログダウンロード